無料登録はこちら
治験モニターのメリット

臨床試験(治験)について

薬の容器

皆さんは、治験をご存知でしょうか。薬は構想から製品化に至るまでに長い研究期間を要します。その間に、培養細胞や動物など様々な研究や実験を繰り返すことで、本当に身体に効くのか、安全なのかという評価を行っていきます。そして最終的には、人で試験をします。これが、「臨床試験」です。

実際に人に試すことで、本当に安全か、効果はあるのか、副作用はどうなのか、必要量はどのくらいなのか、などを調べます。

モニターの仕事について

臨床試験がプロトコール及びGCPに基づいてきちんとされているかということを医師に対してモニタリングすることです。

具体的には、下記のような業務がございます。
1. 治験依頼(IRBの立ち上げ、治験契約)
2. 治験薬交付
3. 被験者登録促進
4. モニタリング
5. 症例報告書の作成
6. モニタリング報告書の作成
7. 有害事象への対応
8. 治験終了報告書の作成

モニターの業務は出張が多く場合によって全国(北海道から沖縄)に出張いたします。 医師、CRCとのコミニュケーションが重要ですからコミニュケーション能力の高い方が向いています。

臨床試験(治験)モニターとして働きたいと思った方は、弊社をご利用ください。多くの製薬会社、CROのモニター募集の求人を取り扱っています。他にも様々な臨床開発職の求人を取り扱っています。就職や転職をお考えの方も、ご覧ください。

HOME求人情報会社概要プライバシーポリシー無料登録フォーム
MRの転職・求人、募集情報サイトアゴラコンサルティング