無料登録はこちら
薬事法について

薬事法の勉強

薬事法とは医薬品や医薬部外品、化粧品及び医療機器の取り扱いについて定めた日本の法律です。
医薬品等の有効性や安全性の確保のためのルールでもあり、臨床開発へ転職をお考えでしたら知っておいて損はありません。
面接の際などにも役に立つこともあります。

薬事法の歴史

薬品の取り扱いに規制が始まったのは、江戸時代からです。
江戸幕府第8代将軍の徳川吉宗が主導した享保の改革によって薬品の品質に関心が高まったことがきっかけです。
そして1877年に明治政府が毒薬劇薬取締規則を施行し、1880年に毒薬劇薬の概念を導入した薬品取締規則に改正されました。
1889年には薬律として薬品営業並薬品取扱規則が公布によって、特に剤師や薬局に細かい規定が為されました。
それから大正時代の1914年に売薬法、1925年の薬剤師法とあわせて1943年には「薬事衛生ノ適正ヲ期シ国民体力ノ向上ヲ図ル」ことを目的に初めて薬事法が制定されました。
第二次世界大戦が終わり、1948年に薬事法が新しく制定され、1960年に現在の薬事法が改めて制定されました。

勉強法

医薬品等に関わる職種の場合、薬事法について勉強をすることになる会社などもあります。インターネットで簡単に薬事法をご覧になることは可能ですが、長く難しい表現の文章は読むだけでも満足しがちです。
しかし、それでは何も頭に入ってきません。講習会に参加したり、インターネット上の問題集などを試してみてはいかがでしょうか。
また、分かりやすく記載されている参考書なども販売されています。
初心者が講習会に参加は置いてけぼりになってしまうこともありますので、まずは参考書をご覧になるといいでしょう。

弊社は、臨床開発転職のサポートをしております。
薬事申請、CMC、メディカルライター、統計解析、PMS、GCP監査、DM、EDCを利用したグローバル治験などに興味があり、転職をお考えでしたら弊社をご利用ください。
臨床開発最新求人情報を提供しており、30年以上の経験や知識によって臨床開発の転職に自信を持って支援いたします。

HOME求人情報会社概要プライバシーポリシー無料登録フォーム
MRの転職・求人、募集情報サイトアゴラコンサルティング